大韓日語日文学会

学術誌
論文作成要領

第1条 論文は「ハングル(hwp)」もしくは「ワード(word)」で作成する。写真や図などはスキャンして画像ファイルで添付するなど、完全な形の原版を添付する。

 

第2条 編集用紙は190×260とし、上(위)25、下(아래)20、左(왼쪽)20、右(오른쪽)20、ヘッダー(머리말)13、フッター(꼬리말)0、余白(여백)を置き、ヘッダー、ページ数などは編集の過程で挿入する。

 

第3条 論文の目次は作成せず、その位置に1/2ページ以内の分量の要指文を英語で作成する。

 

第4条 要旨の下にキーワード(key word)3~5単語を論文と同じ言語と英語でそれぞれ明記する。

 

第5条

1)題目の番号体系は、次の例の通りとする。

例:1. 1.1 1.1.1 1.1.1.1

2)論文作成の言語基準として韓国語は新明朝(신명조)、日本語は新明朝略字(신명조약자)のフォントを使用し、各部分別のフォントと属性は以下の通りとする。

  文字 行間隔 段落(整列方式)
書式 ポイント
論文題目 太字 15 140 中央揃え
副題 太字 12
筆者名 普通 11 100 右揃え
Eメールアドレス 普通 8
要旨 普通 8 140 両端揃え、インデント 2
キーワード 太字 8 両端揃え、
大見出し 1. 太字 12 160 中央揃え
中見出し 1.1 太字 11 左揃え、インデント 2
小見出し 1.1.1. 太字 10
細部見出し 1.1.1.1 太字 10
本文 普通 10 160 両端揃え
引用文及び例文 普通 9 両端揃え(左余白 3.5、インデントなし )
表/図 題目 普通 9 140 中央揃え
内容 普通 8 中央揃え
脚注内容 普通 8 両端揃え( アウトデント 3.5ch)
参考文献 題目 太字 12 140 左揃え(インデント 4)
内容 普通 8 両端揃え

 

第6条 引用及び参考文献の出典は参考文献欄にのみ列挙し、脚注には記さない。引用文献が論文の場合は、「ホン・ギルドン(1997)」のように、筆者名、年度を表記し、単行本の場合は、「ホン・ギルドン(1997:241)」のように出版年度とページ数を明記する。

 

第7条 脚注は、本文の内容の補足説明に限る。

 

第8条

1)本文で言及された論文は、著書のみ参考文献として提示する。

2)参考文献は、筆者名を基準に韓国語、日本語、英語の順とし、それぞれ가나다(ガナダ)、五十音、アルファベットの順に配列する。

3)参考文献は、英語またはローマ字で併記する。(論文作成例を参照すること)

4)同じ著者の参考文献が2つ以上ある場合には、年度順に並べるが、二つ目の文献からは著者名を線で表記する。

5)参考文献が2人以上の共著(共同論文)である場合には、中点で処理する。
<例:宮地宏・サイモン遠藤睦子・小川信夫(1991)>

6)参考文献の表記は、筆者名(年度)、論文名(または著書名)、掲載誌巻号、発行所の順とする。

7)参考文献から引用または参考にしたページ数を明記する。

8)論文は「」、単行本は『』で表記する。英語の論文名は보통체(普通体)で、単行本はイタリック体で表記する。

 

第9条 参考文献の英語またはローマ字併記方法

1)参考文献の英語併記は原文(韓国語や日本語)と照らし合わせられるよう、同じ順序で作成する。

2)著者名:姓と名の順に作成する。

3)共同著者:最後の著者の姓の前にandをつけて、6人以上の場合は、最初の6人の後に<et al>で終わる。

例)2人の場合:Koma Tosio and Hanaoka Daigaku。
3人以上の場合:Koma Tosio、Hanaoka Daigaku、and Miyake Zun。
6人以上の場合:A、B、C、D、E、F et al。

4)年度:括弧に入れる。
5)学術誌

①<論文題目>:論文の主題と副題の最初の文字と固有名詞のみを大文字にし、残りは小文字にする。

②<学術誌名>
- 主な単語の最初の文字をすべて大文字にしてイタリック体(斜体)にする。
- Volume番号もイタリック体(斜体)にする。

③<大学研究所名>:大学の名前を研究所の名前より先に書く。

④<著者.(年度).論文題目.学術誌名.学会名.ページ>の順に作成するが、各部分の末尾にピリオドを打つ。

6)単行本

①<編者(編)>:<Ed.>と表記する。

②<本のタイトル>
- 本のタイトルはイタリック体(斜体)とし、主題と副題の最初の文字と固有名詞を大文字にし、残りは小文字にする。
- Volume番号もイタリック体(斜体)にする。

③<出版社名>:例の通り作成する。

例)白山書店:Hakusan Syoten
ハンギョン大学出版社:Hankyoung University Press
バクム社:Parkmu Press

④<著者.(年度).本のタイトル.出版社.ページ>の順に作成するが、各部分の末尾にピリオドを打つ。

7)ページ:ppを付けない。

8)翻訳できない論文名や本のタイトルの場合には、ローマ字表記(イタリック体(斜体))で作成した後、[ ]内に翻訳名を書く。
例)源氏物語:Genji Monogatari [The Tale of Genji]

 

第10条 2人以上の筆者が作成した論文の場合には、第1筆者名を前に記載し、共同筆者名を後に記載する。また、筆者の所属を脚注として処理する際にも、第1筆者の所属を上の方に記載し、共同筆者の所属を下の方に記載して第1筆者と共同筆者の関係を明示しなければならない。

ホーム
会員センタ
ログイン
会員登録
ID/PWを忘れた方
個人情報処理方針
利用規約
学会の紹介
学会長の挨拶
設立目的
沿革
会則
役員
編集委員会
学術委員会
研究倫理委員会
連絡先
学術誌
学術誌の目的と範囲
学術誌について
倫理規定
投稿規定
論文作成要領
論文作成の例
論文投稿
審査規定
審査結果の提出
購読方法
学術大会
発表申請
発表要旨文受付
ニュースとお知らせ
学会書類
フォトギャラリー
ニュースとお知らせ